水道料金の節約術

水道料金の節約術
引用:引用元一覧に記載

普段何気なく使っている水道の水ですが、実は結構無駄になっていることがあります。ちょっとした心がけで節水ができ、水道料金の節約になりますので、できることから始めて家計費の節約をしてみませんか?

おおもとから節水しよう

メインバルブをしめる

メインバルブをしめることで意識しなくても節水できます。水圧は住んでいる地域により異なりますが、蛇口を開いた時に勢いよく水が出る場合は水圧が強いので、バルブで調整しましょう。
メインバルブは、一般的には水道メーターボックスの中やその付近にあります。

使用用途により水圧を調整

メインバルブで水圧を調整する他に、サブバルブをしめることでも水圧を調整することができます。サブバルブは洗面台やキッチンの流しの下にある止水栓のことです。これをしめることで、その場所ごとに水圧の調整ができます。特に、洗面台は手や顔を洗うだけなので、水圧を弱めにしてもそれほど不便を感じないでしょう。

浴室の節水術

シャワーヘッドを交換

お風呂でストレスなく節水をする方法としてはシャワーヘッドの交換があります。シャワーヘッドは価格は1000円台~と手ごろなので試してみる価値ありです。また、浴槽に貯めたお湯での入浴がお得と思われがちですが、実は15分以内のシャワー浴であればシャワーの方が15リットル~30リットルもお得です。節水シャワーヘッドを併用することでさらにお得になります。

シャワーの最初の水を利用

シャワーを利用する際に温かいお湯が出てくるまでのはじめの水をそのまま捨てていませんか?この水をバケツなどにとっておき、掃除や洗濯に利用しましょう。

洗濯にお風呂のお湯を利用

お風呂の残り湯を洗濯に利用するのは一般的です。全自動洗濯機にはおおむね、くみ上げポンプがついていますので、残り湯を洗濯に有効活用しましょう。ただ、お風呂のお湯は時間が経つとにおいが気になりますので、お湯が温かいうちに洗濯をするのがおすすめです。

キッチンの節水術

つけ置き洗いで節水

家族が多い場合は、食器を水につけておくつけ置き洗いがおすすめです。あらかじめ食器を水につけておくため汚れが落ちやすくなります。お米を炊いた時のとぎ汁をつけ置きに使うとさらに汚れが落ちやすくなります。また、重曹があれば以下の方法を実践してみましょう。洗剤を使わないためすすぎが簡単で、節水になります。

重曹でつけ置きあらい

【1】あらかじめ皿に残った汚れをぬぐっておきましょう。
【2】大きな桶に水をはり、重曹を振り入れて食器をつけておきます。
【3】アクリルたわしなどでざっとこすり、水洗いします。

鍋など、汚れのひどいものには重曹と水を1対1で混ぜたペーストを塗っておくと汚れが落ちやすくなります。重曹は食品ですので、すすぎは神経質になる必要はありません。さっとすすげば良いので、節水になります。

キッチンの蛇口は泡沫タイプに交換

キッチンの蛇口は泡沫タイプに交換すると同じ水量でも食器をすすぎやすくなるため、水は50パーセントほどの節水になります。蛇口の先の部分を節水泡沫器という部品と交換するだけでお手軽に節水することができるので試してみましょう。

トイレでの節水術

レバーの大と小を使い分ける

水洗レバーで大と小が分かれている場合は、場合に応じて使い分けるようにしましょう。これによりかなり使用する水の量が変わります。

自動洗浄に注意

自動洗浄機能つきのトイレでは、機能のスイッチをオフにしておくことをおすすめします。センサーで感知して洗浄するタイプのものは、不必要な時に水が流れてしまうことがあります。

〈まとめ〉
節水というと、水を使う時にちびちびけちらなければいけない気がしますが、水量を調整するだけでも随分変わります。いちいち気にかけて節水するのが面倒な場合は、バルブを調整するところから始めましょう。水を大切にすることはお財布だけでなく環境にもやさしいと言えます。

このページの先頭へ